流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





餃子の王将/「お子様弁当」6万3000食を全国の子ども食堂に無償提供

2021年12月14日 10:10 / 店舗

餃子の王将を展開する王将フードサービスは12月14日、全国の子ども食堂に「お子様弁当」(期間限定販売:税込270円)を無償提供すると発表した。FC26店舗を含む304店舗で、12月20日~28日、2022年1月7日~18日に「お子様弁当」約6万3000食を無償で提供する。

<無償提供するお子様弁当>
無償提供するお子様弁当

提供対象先は、こども食堂サポートセンターとネットワークのある子ども食堂などで全国の「餃子の王将」「GYOZAOHSHO」での受取り可能な団体。「お子様弁当」の内容は、餃子2個、鶏の唐揚2個、シャウエッセン2本、ライス(中)。今回は、アサヒ飲料から賛同得て、お子様弁当1食とともに、カルピスウォーター1缶(160g)を付けて無償提供する。

同社は、食を通じて社会に貢献する企業として、今夏、各地の子ども食堂などに「お子様弁当」合計3万2000食の無償提供を実施した。この取り組みに対して、たくさんの感謝の声を得るとともに、また「お子様弁当」を食べたいという強い要望が多数寄せられたことを受け、前回に続いて、冬休みを中心とした期間に全国の子供たちへの食事支援を行う。

各地の子ども食堂等との連絡を取っている「こども食堂サポートセンター」(運営:全国食支援活動協力会)によると、今回の「お子様弁当」の受け取り希望数は前回の約2倍にあたる6万3000食だったという。

関連記事

関連カテゴリー

店舗 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧