流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





マックスバリュ西日本/島根県出雲市に「マックスバリュ今市店」出店

2022年08月26日 14:30 / 店舗

マックスバリュ西日本は9月3日、島根県出雲市に2店舗目となる「マックスバリュ今市店」をオープンする。

<マックスバリュ今市店>
マックスバリュ今市店

出雲市の中心部に位置し、旧パラオの一角(国道9号線から南へ約150mのところ)に出店。「旬・鮮度・おいしさ」をコンセプトに、地域に親しまれている味やこだわり商品の品ぞろえを強化する。商圏は世帯数約1万2700世帯(5km圏内)。

ランチ時間帯には近隣企業に勤める人の昼食をサポート、また夕方には仕事帰りの人や近隣家庭の夕食や翌日の朝食などを提案する。

また、中四国・兵庫エリアに幅広く展開する同社の強みを生かした、各地のおいしい商品も用意し、地域密着の生鮮強化型スーパーマーケットとして、毎日買い物に行きたくなる店を目指す。

同社、島根県内の店舗では初となる「電子棚札」を導入。視認性が高く、見やすいESL(Electronic Shelf Label)を採用し、ペーパーレス化による紙の使い捨て削減、作業の効率化を図る。

セルフスキャンシステム「My-Pi(マイピ)スキャン」を9月21日より、端末機64台、精算機5台導入。顧客が店舗で貸し出しする専用端末にて購入商品をその場で「ピッ」とスキャンしながら、マイペースに買い物できる。買い物終了後は、専用端末を精算機に読み込ませるだけでスピーディーに支払いが完了する。支払いはクレジットカード、電子マネー、現金、金券、ギフトカードなどが利用可能となっている。

青果売り場は、雲南市三刀屋町鍋山地区の生産者37人の協力で、採れたて新鮮な地場の野菜や果物、花(切り花や苗、鉢物)などがそろう。

毎週土曜日には朝市を開催、新鮮な野菜、果物を買いやすい価格で販売する。

鮮魚売り場では毎日、水産朝市を実施する。大社や大田漁港から 直送された鮮度抜群の魚を販売し、要望に応じて、下処理から三枚おろしまで対応する。魚屋さんの惣菜ではその日に入荷した新鮮な魚を使用した「魚屋さんのお寿司」をはじめ、揚げ物・煮物・焼き物など店内で調理品を用意している。

畜産売り場は、少量パックからお得な大容量パックまで用途に合わせ展開。ストック用の冷凍肉や簡便調理の味付け肉など種類豊富に取り扱う。

総菜売り場では、季節の食材や地元の食材を使用したお弁当や天ぷら、フライなどのできたて商品から和総菜、サラダを販売する。

こだわりの一品として、店内で生地をこね上げた同店自慢のホテルブレッドが登場。「毎日食べても飽きない」をコンセプトに開発し、発酵バター・生クリームをはじめとした良質の原料にこだわり、ふんわり、しっとりを実現したという。

そのほか、地域の食・味・文化に寄り添ったなじみのある地元商材やブランド商品、伝統商品などを品ぞろえする。近隣エリアのこだわり商品や中四国・兵庫エリア各地のおいしい商品も楽しめる。

■マックスバリュ今市店
住所:島根県出雲市今市町字半ヶ沢139番1
TEL:0853-24-7050
開店日:2022年9月3日9時
営業時間:8時~22時(年中無休)
敷地面積:7138.15m2
直営面積:1834.01m2
駐車場台数:118台(従業員用駐車場含む)
駐輪場台数:45台
テナント:ピュアカット今市店 カット&カラー

■マックスバリュ西日本関連記事
マックスバリュ西日本/アドインテと広告販促DXサービス提供開始

関連記事

関連カテゴリー

店舗 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧