流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





無印良品/インバウンド観光需要回復に備えAirbnbと包括連携協定締結

2022年09月13日 14:20 / 店舗

無印良品を展開する良品計画と世界最大級の旅行コミュニティプラットフォームのAirbnbの日本法人は9月1日、全国の遊休不動産の共同プロデュースを行い、日本の宿泊施設の多様化と地域のにぎわいづくりに寄与することを目的に包括連携協定を締結した。

<宿泊施設のイメージ>
宿泊施設のイメージ

両社は、全国各地の空き家や商店街の空き店舗、日本の伝統古民家や、地方自治体が所有・管理する住宅等の共同プロデュースを行い、双方の強みを生かしながら新たな価値を吹き込むことで、多様性に富んだ宿泊施設をAirbnbのプラットフォーム上で国内外の旅行者が予約できるようにする。

第一弾として、Airbnbが6月に連携協定を結んだ北海道清水町が管理する移住体験住宅(旧教員住宅)3軒について、良品計画がインテリアコーディネートおよびリノベーションを実施する。移住体験住宅施設として使われている施設に、家具に加えて食器、調理器具、家電など無印良品の日用品をセットする。日用品もセットすることで、限られた荷物で訪問することができ、地元に暮らすような宿泊体験、移住の検討時間が充実する施設として改修する。

また、多様化する働き方に対し、移住検討のポイントにもなる快適な広いワークスペースも確保する。清水町の魅力を発信する拠点として、9月13日からまずは良品計画がインテリアコーディネートした2軒をAirbnbに掲載、同日から予約開始とし、国内外の旅行客による利用を促進する。さらに来冬には、良品計画がリノベーションした施設をAirbnbに掲載する予定だ。この宿泊施設は、「日常の家」をコンセプトに、地元の食と団らんを楽しむキッチンとテーブルを中心に配置し、睡眠、くつろぐ、働くなどの日常生活を快適に過ごせるようプランニングした。また、造作家具には北海道産の木材を使用する予定だ。

今年5月に世界経済フォーラム(WEF)が発表した2021年の旅行・観光競争力ランキングで日本は初めて首位に立ち、コロナ禍で外国人観光客の受け入れ停止が続いた中でも、日本ならではの観光資源の豊富さや、交通・宿泊等のインフラや文化面での豊かさが評価されている。6月10日から徐々に外国人観光客の受け入れが再開されたことで、今後の観光産業復興の期待が高まってきている。

今後、日本への本格的なインバウンド旅行者増加による観光需要回復に備え、両社は日本全国の地域資源を活用し、利用価値を高めた遊休不動産を観光コンテンツ化、国内外のユーザーへ発信するなど、地域の活性化につながる取り組みを実施する。

■無印良品の関連記事
無印良品/防災提案で法人向け「ダンボールでできたベッド」発売
https://www.ryutsuu.biz/commodity/o090145.html

関連記事

関連カテゴリー

店舗 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧