小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ビックカメラ/都市型立地保育園を5月26日に開園

ビックカメラは2月22日、都市型立地保育園「BIC KIDS」を、5月26日に開園すると発表した。

ビックカメラグループでは、増加する女性従業員や子育て世代の従業員が安心して仕事に取り組み、十分に能力を発揮できる環境の整備を進めており、2015年には、「子育てサポート企業」として厚生労働大臣が認定する「くるみんマーク」を取得した。

今回は、従業員のワーク・ライフ・バランス支援、育児支援や継続就業支援の推進を目的として、事業所内保育園を開園することになった。

BIC KIDSは、年中無休、午前8時から午後9時までの運営とする、小売業のシフト制勤務に配慮した開園時間に加え、池袋駅から徒歩10分の場所にある都市型立地を特徴としている。

また、土日の一時預かりにも対応する。このほか、地域住民にも利用できる施設となる。

内閣府が待機児童問題の解消と仕事と子育ての両立支援を目的に進める子育て支援制度「企業主導型保育事業」を家電小売り業界では初めて活用した、

■BIC KIDSの概要
開園時間:8:00~21:00 年中無休
所在地:東京都豊島区池袋 2-60-6-105 グランドメゾン池袋
対象:ビックカメラグループ従業員の乳幼児 近隣地域の乳幼児
対象年齢:0歳児から5歳児まで
定員:30名
施設:150m2(乳児室、保育室、調乳室、沐浴室、子ども用トイレ、その他)
設置運営:日本福祉総合研究所

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧