メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

森ヒルズリート/虎ノ門ヒルズ森タワーの信託受益権を50億7000万円で取得

2017年03月17日経営

森ヒルズリート投資法人は3月17日、資産の運用を委託する資産運用会社である森ビル・インベストメントマネジメントが、虎ノ門ヒルズ森タワーとオランダヒルズ森タワーの信託受益権を取得すると発表した。

取得予定価格は、虎ノ門ヒルズ森タワーが50億7000万円、オランダヒルズ森タワーが93億3000万円。

虎ノ門ヒルズ森タワーは、地下5階・地上52階建て、高さ247mの超高層複合タワーであり、最高スペックを備えたオフィス、国際水準のカンファレンス施設、日本初進出となるホテル「アンダーズ 東京」、商業施設、住宅などから構成されるプレミアム物件。

オランダヒルズ森タワーは、地下2階・地上24階建て、高さ100mの超高層複合タワーであり、オフィス・住宅を主用途とするプレミアム物件となっている。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月29日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方