メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ヤフー/コマース事業強化でジャパンネット銀行を連結子会社化

2017年08月02日経営

ヤフーは8月1日、ジャパンネット銀行を連結子会社化すると発表した。

今後、コマース事業をさらに活性化させるためには決済金融事業をより強化する必要があると判断したもの。

連結子会社化を通じて、自社サービス内のエコシステムを強固する。

ヤフーはジャパンネット銀行の経営を主導し、これまで自社が培ってきた顧客基盤やマルチビッグデータを活用することで、ジャパンネット銀行の顧客にとって付加価値の高い金融サービスを提供する。

ヤフーの保有するジャパンネット銀行の議決権比率は41.16%と変動は無く、議決権の過半数を保有していないが、2017年10月に開催予定のジャパンネット銀行の臨時株主総会決議をもって取締役の過半数を派遣することにより、ジャパンネット銀行を連結子会社化する予定だ。

2013年10月にコマース事業における新戦略を開始して以降、ストア出店料等の無料化、ポイント施策、クレジットカード事業の開始等によって取扱高を急速に伸ばしていた。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連記事

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月24日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方