小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ジョイフル/パート・アルバイト全1万6929人を無期労働契約に切り替え

ファミリーレストラン「ジョイフル」を展開するジョイフルは4月1日、ジョイフルグループで働くすべてのパート・アルバイト社員16,929人を「無期労働契約」に切り替える。

2018年4月1日以降にパート・アルバイトとして入社する人とは、全員「無期雇用契約」を締結する。

店舗を中心に、本社や工場、配送センターなどで約17000名のパート・アルバイト社員が働いている。

店舗などの運営に欠かすことのできないパート・アルバイトに継続的、安定的に働いてもらうことを目的として、かねてから評価制度の見直し、育児休業、介護休業など各種福利厚生の拡充等に取り組んでおり、「無期労働契約」への切り替えもその一環となる。

ジョイフルのほか、ジョイフル北日本、同関東、同東海、同東関西・北陸、同西関西、同中国、同四国、同北九州、同中九州、同西九州、同東九州、同南九州、Rising Sun Food System、ジョイフルサービスの全15社が対象となる。

12月末時点のエリア別の対象者の内訳は、東北・北陸エリア756人、関東エリア1758人、中部エリア1751人、近畿エリア1584人、中国エリア2425人、四国エリア975人、九州エリア7680人。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧