メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

マルエツ/レジに「レジチェッカーガード」順次設置

2020年04月21日経営

マルエツは4月15日、緊急事態宣言に伴う取り組みの追加策として、お客とレジ従業員の間に「レジチェッカーガード」を順次設置し、感染リスクを軽減すると発表した。

同社は4月10日に緊急事態宣言に伴う取組みを発表し、夜間の外出自粛要請と安定した店舗運営に対応するため、一部店舗を除き、「全店22時閉店」とした。

イートインコーナー等を閉鎖し、レジに並ぶお客の密接を防ぐため、一定の間隔で並べるよう、 目印のラインを引くなどの対策を実施した。また、全ての試食提供を中止した。

お客が手指を消毒できるよう、店舗出入口付近にアルコール消毒液を設置した。

安全対策として、全従業員の個人体調管理チェック、全従業員のマスク着用を実施。

手洗い・アルコール消毒の徹底のほか、惣菜・ベーカリー売場でのバラ売り販売を中止し、当面の間、「パック詰め」「袋詰め」などに変更して販売している。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月27日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方