小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

スターバックス/8都道府県「短縮営業」で再開、持ち帰りのみ対応

経営/2020年05月19日

スターバックス コーヒー ジャパンは5月19日、北海道、埼玉、千葉、東京、神奈川、京都、大阪、兵庫の店舗を営業再開すると発表した。

<8都府県「短縮営業」で再開>
8都府県「短縮営業」で再開

19時までの短縮営業、ドライブスルーを含む持ち帰りのみの対応となる。

<ドライブスルーを含む持ち帰りのみの対応>
ドライブスルーを含む持ち帰りのみの対応

スターバックス リザーブ ロースタリー 東京は19時までの短縮営業で、土日は休業。1、2階で持ち帰りのみの対応となる。

埼玉、千葉、東京、神奈川、京都、大阪、兵庫以外も当面、短縮営業を行い、ソーシャルディスタンスを保つ座席配置にて店内利用可能とする。

同社は4月9日から埼玉、千葉、東京、神奈川、大阪、兵庫、福岡、4月20日より北海道、茨城、石川、岐阜、愛知、京都の計13都道府県において一部店舗を除き休業していた。

<安全対策への協力を呼びかけ>
安全対策への協力を呼びかけ

店内における主な安全対策として、飛沫防止ガードの設置や非接触型決済の推奨、ソーシャルディスタンスを保ったレジ列や席配置などを実施。顧客にも最少人数での来店、マスクの着用、入店時の手指の消毒など安全対策への協力を呼びかける。

また、持参したタンブラーでのドリンク提供を一時休止。マグカップ、ステンレスフォーク・ナイフの使用を一時休止し、紙カップ、プラスチックフォーク・ナイフに順次変更している。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧