メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

マクドナルド/読売新聞の販売店がマックデリバリーを受託

2021年04月28日経営

読売新聞グループ本社と日本マクドナルドは4月28日、読売新聞の販売店(以下:YC)による配達網を活用し、YCスタッフが、マクドナルドの「マックデリバリーサービス」を受託すると発表した。

<読売新聞の販売店がマックデリバリーを受託>
20210428mac1 728x497 - マクドナルド/読売新聞の販売店がマックデリバリーを受託

これまで首都圏や兵庫県の一部店舗で先行してYCがマックデリバリーサービスを受託してきたが、4月からは1都1府7県のマクドナルド約70店舗(4月末時点)に広げ、その後、全国の店舗に順次展開していく。

YCは全国に約6700店ある。今回の連携は、マクドナルドのデリバリーサービスを、地域を知り尽くしたYCのスタッフが担うことで、より多くの顧客に安心、安心にマクドナルドの食事を楽しんでもらうことを目的としている。

これまで一部地域で先行実施した店舗では、YCスタッフの迅速な配達と丁寧な接客が好評だという。全国でYCが組織的にフードデリバリーを受託するのは初めてとなる。

■YCが受託する店舗(4月末時点)
東京都、神奈川県、埼玉県、大阪府、兵庫県、広島県、福岡県、大分県、鹿児島県の計9都府県内の
計約70店舗。協力YC計74店。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年05月15日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方