メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

オカムラ/TXとロボットによる陳列業務向け什器・備品の研究開発で資本業務提携

2021年06月15日経営

オカムラは6月15日、Telexistence(テレイグジスタンス、TX)と半自律型の遠隔操作ロボットを使った量販店の陳列業務に最適化した什器・備品の共同研究開発で、資本業務提携したと発表した。

オカムラは、小売業を対象に、店舗の設計から、陳列什器の製造、施工、メンテナンスまでを手がける。一方、TXは、店舗スタッフが店舗内に設置された遠隔操作ロボットをインターネット経由で操作するプラットフォーム「Augmented Workforce Platform(AWP)」の開発と実装の推進を行っている。

今回、店舗運営が抱える問題の解決に取り組む2社が、異なる知見と技術を掛け合わせ連携することで、包括的で迅速にイノベーションの創出が可能になると考え資本業務提携を行った。

2社は量販店向けの遠隔操作ロボットに最適化された店舗用什器・備品の研究・開発と小売店への導入で協力する。同時に、遠隔操作ロボット導入で変化する、スペースの使い方や、人の流れを考慮した人とロボットの協働に最適な店舗設計手法を確立する。

2社の役割は、オカムラが、陳列やストックの什器で、ロボットの動きに最適な機能や形状を持たせ作業効率の向上を図るほか、人とロボットが動きやすい店内レイアウト、人とロボットの作業比率の変化に最適化された空間の使い方など、ロボットと店舗スタッフが協働できる店舗設計の研究・開発を行う。

一方、TXでは、小売店、特にスーパーマーケットで人とロボットが協働する店づくりや什器・空間設計に取り組む上で必要な遠隔操作ロボットの知見を提供。遠隔操作ロボット向け店舗設計の最適化を後押しする。また、設計された什器や備品の分析や設計について提言する。

2社は、研究開発を通じ、商品陳列業務を遠隔操作ロボットと人工知能技術で自動化することで、店舗スタッフの単純作業の大幅な削減と体力的な負担の軽減し、接客や人材育成など人にしかできない業務の時間を創出につなげる。同時に店舗の競争力強化と店舗スタッフの働きやすさを支援するとしている。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年07月30日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方