流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





エディオン/システム開発の内製化推進で子会社再編

2022年07月27日 13:50 / 経営

エディオンは7月27日、連結子会社のエヌワークが、同じく連結子会社であるHampstead(ハムステッド)を吸収合併すると発表した。

ハムステッドは、システム開発・デジタルマーケティング事業を展開している。今回、エディオンの100%子会社であるPTNからハムステッドの発行済み株式100%を8月1日付で、エディオンが取得し子会社化したうえで合併を実施する。

エディオンは「新たな購入体験」の提供を実現するために、DX化とともにシステム開発の内製化を推進しており、これを中期ビジョンに掲げ、この実現に向けて取り組んでいる。今回の合併により、インフラ・ハードウェア・デジタルマーケティング・クリエイティブ製作といったそれぞれの強みが一カ所に集約され、一気通貫でスピーディーなシステム開発が可能となる。

内製化スピードを高めながら、採用基準や給与水準の見直しなどの制度変更とともに、DX化に必要なIT・デジタル人材を国内外から積極的に採用できる組織体制を構築する。

10月1日付で、エヌワークを存続会社とする吸収合併を行い、ハムステッドは解散する予定だ。また、エヌワークの商号、事業内容、本店所在地、資本金及び決算期に変更はない。

■合併当事会社の概要
合併当事会社の概要

画像ギャラリー

関連記事

関連カテゴリー

経営 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧