小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ビームス/新宿に、日本のモノ、コトを発信する大型店

ビームスは4月28日、東京・新宿の「ビームス ジャパン」を改装し、日本のさまざまなコンテンツをキュレーションして提案する新生「ビームス ジャパン」をオープンする。

<ビームス ジャパンの外観イメージ>
ビームス ジャパンの外観イメージ

日本をキーワードに、幅広いカテゴリーのコンテンツをキュレーションするプロジェクト、BEAMS「TEAM JAPAN」の発信拠点となるショップ。

ビームスの店舗初のレストランとコーヒースタンドも展開。メンズドレスウエアを品そろえする「ビームスF新宿」を同ビル内に出店する。

創業40周年を迎えるビームスが、セレクトショップとして長きにわたり培ってきた選択眼を活かし、ビームスを取り巻くコミュニティとともに、日本のモノ・コト・ヒトをキュレーションするプロジェクト、BEAMS「TEAM JAPAN」を開始した一環。

総合アドバイザーには、放送作家・脚本家の小山薫堂氏を迎え、日本のさまざまな魅力を国内外に発信する。

地下1階から5階までの6層で、フロアごとに、食、銘品、ファッション、コラボレーション、カルチャー、アート、クラフトといったカテゴリー別で構成する。

同ビル内の6、7階には、メンズドレスレーベル「ビームスF」の単独店舗をオープンする。

地下1階には、初めてレストランを展開。地下1階は、総合アドバイザー・小山薫堂氏プロデュースし、ダイヤモンドダイニングが運営するレストラン「日光金谷ホテルクラフトグリル」を導入する。

1階フロアのメインスペースでは、47都道府県のすべてに目を向け、伝統工芸品、日用品、食品など、日本各地の銘品を品そろえする。

イベントスペースも設け、小山薫堂氏と共同企画するイベントも実施し、日本の面白さを体験できる機会を創出する。

1階は、スペシャルティ珈琲専門店を展開する猿田彦珈琲の珈琲スタンドも構える。「ビームスジャパン」店内外のどちらからも楽しむことができ、店外に向けたコーヒーウィンドウは、8時30分から22時30分まで、営業する。

2階は、日本の物づくりのこだわりが息づく、メンズ、ウィメンズのカジュアルウエアを展開。選りすぐりの国内ブランドと、「ループウィラー」と東洋エンタープライズ社のショップインショップなどをそろえる。

3階は、別注アイテムが集結。国内外のブランドとのリレーションシップのもと、ビームスが特別にオーダーしたアイテムをそろえる。

4階は、トーキョーカルチャート by ビームス」がセレクトするポップカルチャーからファインアートまでがそろうフロア。

5階は、日本のアートと民芸をテーマに、1998年から続くビームスのギャラリー「B GALLERY」と、「fennica」が手がける新たなプロジェクト、fennica STUDIOで構成する。

6、7階のビームスF新宿では、高品質なオリジナルアイテムから、注目のインポートブランドまで幅広いラインナップを提供する。

店舗概要
BEAMS JAPAN(ビームス ジャパン)
所在地:東京都新宿区新宿3-32-6
地下1階~地上5階
TEL:03-5368-7300(代表)
営業時間:11時~20時(1階から5階)
8時30分~22時30分(猿田彦珈琲)
11時30分~23時(日光金谷ホテルクラフトグリル)
店休日:不定休

BEAMS F SHINJUKU(ビームスF新宿)
所在地:東京都新宿区新宿3-32-6
6階、7階
TEL:03-5368-7305
営業時間:11時~20時
店休日:不定休

■ビームス ジャパン
http://www.beams.co.jp/beamsjapan

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧