流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





一風堂/シンガポール・チャンギ空港に出店

2016年09月07日 14:40 / トピックス商品店舗海外

力の源ホールディングスのグループ会社IPPUDO SINGAPORE PTE LTDは、シンガポール・チャンギ空港ターミナル2の搭乗ゲートエリア内に、一風堂のセルフサービス業態のラーメン店「IPPUDO EXPRESS」をオープンした。

<IPPUDO EXPRESS>
IPPUDO EXPRESS

IPPUDO EXPRESSは、一風堂が「本物の味を気軽にスピーディに」をテーマに展開するセルフサービス業態で、日本国内に17店、シンガポールには2013年11月にAsia Square Tower 2にオープンしている。

2015年4月にシンガポール・チャンギ空港ターミナル3内の搭乗ゲート内にオープンし、世界各国からのお客に好評なため、今回、同空港のターミナル2にも出店した。

シンプルな「博多豚骨」や「味噌バター豚骨」、「スパイシー豚骨」などの豚骨ラーメンやジャパニーズカップライス(丼もの)を展開。

ベジタリアンのお客向けに「ベジコンソメラーメン」や「ベジカレーライス」もラインナップし、世界中の多様なニーズのお客に対応できるメニュー構成を目指す。

関連記事

関連カテゴリー

トピックス 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧