小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

GMO/ネットショップ運営サービスから、クレジットカード情報流出

GMO ペパボは1月26日、同社が運営するネットショップ運営サービス「カラーミーショップ」において、第三者による不正アクセスが確認され、同サービスを利用してネットショップを運営しているショップオーナーの情報などが流出した、と発表した。

また、一部のショップオーナー、同サービスを利用しているネットショップの購入者のクレジットカード情報の流出、またはその可能性があることが判明した。

2017年3月16日~2018年1月7日までに、流出したショップオーナーのクレジットカード情報22件、流出した可能性のあるショップオーナーのクレジットカード情報が最大9430件となっている。

流出した可能性のある購入者様のクレジットカード情報は最大2711件とみられる。

流出したショップオーナーのクレジットカード情報以外の情報は、最大7万7385件となっている。

2018年1月7日、同サービスにおいて独自アプリケーションの機能を悪用した不正アクセスが発生し、サービスの情報が閲覧され、情報が流出した可能性があることが判明。

その後、直ちに侵入経路を遮断し、不正なプログラムが実行されないよう、悪用されたアプリケーションの機能を停止した。

あわせて、被害状況の把握と二次被害防止対策を検討するため社内調査を継続、翌1月8日には外部のセキュリティ専門機関にも調査を依頼し、調査を進めたところ、1月10日、閲覧された可能性のある情報の中に、一部のショップオーナー、購入者のクレジットカード情報が含まれていたことがわかった。

1月22日までに全てのショップオーナーのパスワードリセットが完了。

ショップオーナーへの個別連絡として、今回の件についてのお詫びと連絡を1月26日、電子メールと、サービスの管理画面において情報と対応の表示を行っている。

クレジットカード情報が流出した可能性のある購入者への連絡は、対象となるショップオーナーから今回の件に関する詳細について連絡する。

■問い合わせ窓口
専用ダイヤル:0120-620-621(フリーダイヤル)
メールアドレス:help@shop-pro.jp
受付時間:午前9時~午後9時(土日祝日を含む)

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧