小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

アマゾン/出品サービスの配送代行手数料などを値上げ

アマゾンは4月24日、フルフィルメント by Amazon(以下、FBA)の料金体系の変更、手数料の改定を行う。

配送代行手数料、在庫保管手数料、FBA商品ラベル貼付サービス手数料、購入者返品手数料、納品不備受領作業手数料の料金を改定。

FBA配送代行手数料は標準(メディア以外、0~2㎏)100円を360円に値上げ。在庫保管手数料は、4月30日在庫分まで通年8126円から、1~9月7800円、10~12月9000円となる。

FBA商品ラベル貼付サービス手数料は、小型・標準商品1枚当たり19円から20円に値上げする。

出荷作業手数料(個数あたり)と発送重量手数料(出荷あたり)に分かれていた配送代行手数料を、配送代行手数料(個数あたり)に統合する。

配送代行手数料のメディアとメディア以外の区分を統合。

在庫保管手数料について、1月~9月と10月~12月で異なる手数料が適用される(在庫保管手数料は、2018年5月1日より改定後の料金が適用される)。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧