小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

大戸屋/中国・上海の子会社を清算

大戸屋ホールディングスは2月5日、中国・上海において「大戸屋ごはん処」事業を運営している大戸屋(上海)餐飲管理(連結子会社)の清算を決めた。

2012年1月、上海和久美餐飲管理との合弁会社として設立し、中国上海における「大戸屋ごはん処」のフランチャイズ展開を行っていた。

しかし、事業を取り巻く状況等から、2013年12月当該合弁を解消し、子会社としていた。

その後は直営事業として運営をしたが、事業環境は厳しい状況が続いていた。

2014年3月に全家便利商店股分と中国本土におけるエリア・フランチャイズ契約を締結し、中国上海において「大戸屋ごはん処」のフランチャイズ展開を開始している。

今回、中国上海における「大戸屋ごはん処」の展開をフランチャイズに一本化することとし、子会社を3月末に清算することにした。

清算に伴い、6100万円(子会社整理損2200万円、店舗閉店に伴う減損損失2800万円、閉店損失1000万円)を特別損失に計上した。

なお、清算する子会社の2014年12月期の業績は、売上高7500万円、営業損失6400万円、当期損失6100万円。

関連キーワード:

関連記事

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧