小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

イオンディライト/2月期は売上高13.2%増、営業利益1.0%増

イオンディライトが4月9日に発表した2013年2月期決算は、売上高2488億7600万円(前年同期比13.2%増)、営業利益139億100万円(1.0%増)、経常利益138億9200万円(0.8%増)、当期利益75億900万円(8.6%増)となった。

設備管理事業は、売上高420億5000万円(0.2%減)で、ニーズの高い省エネマネジメント実現に向けて、BEMS導入に向けた提案活動を積極的に推進し、将来のエリア管理導入に向けた基盤造りを進めた。

警備事業は、売上高318億500万円(1.3%減)と前年を下回った。セキュリティの精度を飛躍的に向上させる集中監視システム(コックピット化)を推進した。

警備員が持つ緊急対応能力に接遇サービスを付加したアテンダーサービスなど、従来型の警備スタイルからモデルチェンジした新たな警備スタイルの構築を推進した。

清掃事業は、売上高405億1900万円(1.7%増)と前年を上回り、新たに開発したオリジナルのコーティング剤の導入により新規受託の増加に向けた取り組みを推進した。

従来と比較して90%節水型で樹脂製の特徴がある「循環式男性用小便器」を開発し、新たな付加価値の提供と収益性向上に向けた取り組みを強化した。

来期は、売上高2600億円、営業利益155億円、経常利益155億円、当期利益83億円の見通し。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧