小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

TSI/3~5月は売上高6.0%減、営業利益50.6%増

TSIホールディングスの2017年2月期第1四半期決算は、売上高413億5600万円(前年同期比6.0%減)、営業利益24億300万円(50.6%増)、経常利益26億7800万円(25.0%増)、当期利益17億7700万円(108.8%増)となった。

アパレル関連事業の売上高は、406億2800万円(6.1%減)となった。

マーケット環境がますます厳しくなる中で、オリジナリティの高いブランド運営が必要になっている。既存事業では「パ-リーゲイツ」、「キャロウェイ」を始めとするゴルフブランドや、ストリートカジュアルブランドの「ステューシー」、レディースカジュアルブランドの「マイストラーダ」や「ジル・バイ・ジルスチュアート」が特色を活かした商品を展開することにより好調に推移した。

基幹ブランドの「ナチュラルビューティーベーシック」も商品戦略や販売管理の手法を改善したことにより順調に伸長した。

新規事業では、フレンチオーセンティックを基盤とした「アンシェヌマン・ミニョン」を始めとするセレクトショップを展開するアナディスを自社グループの一員として迎えたことによりブランドのポートフォリオを一層強化すると共に収益力の拡大を目指した。

EC事業の強化として、サンエー・ビーディーの「ジル・バイ・ジルスチュアート」、東京スタイルのO2Oサイトの立ち上げによりほぼ全てのブランドのO2Oサイト化を完了させ、集客力の一層の拡大と売上高に占めるEC化率のさらなる向上を目指した。

通期は、売上高1660億円、営業利益30億円、経常利益46億円、当期利益26億円の見通し。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧