小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ユナイテッドアローズ/4~6月は大幅減益

ユナイテッドアローズが8月5日に発表した2017年3月期第1四半期の業績は、売上高329億4700万円(前年同期比2.7%増)、営業利益21億300万円(24.7%減)、経常利益21億1200万円(24.5%減)、当期利益13億500万円(25.0%減)となった。

売上高は、新店出店に伴う増収、既存店の増収、ネット通販の伸長等により増収となった。

ユナイテッドアローズにおける小売+ネット通販既存店売上高前期比は0.8%増となった。

売上総利益率は値引販売の増等があったものの、円高の影響等により、前年同期と同等の54.5%となり、売上総利益額は前年同期比2.8%増の179億6400万円となった。

販売費及び一般管理費率は、グループ各社のネット通販売上高構成比の増等に伴う賃借料の増、欠員補充等に伴う人件費の増、ユナイテッドアローズの大型出店等に伴う宣伝販促費の増等により8.0%増の158億6000万円となり減益となった

通期は、売上高1504億3800万円(6.8%増)、営業利益113億6400万円(2.6%増)、経常利益114億3200万円(2.3%増)、当期利益68億9000万円(6.1%増)を見込んでいる。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧