小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

東武ストア/2月期は売上高0.95増、営業利益0.5%減

東武ストアが4月10日に発表した2017年2月期決算は、売上高839億700万円(前年同期比0.9%増)、営業利益13億2100万円(0.5%減)、経常利益13億5400万円(1.0%減)、当期利益2億5600万円(47.6%減)となった。

健康に役立つ商品をお客に提供し「健康に係るブランドイメージのアップ」を徹底するため、健康関連商品について、チラシやホームページなど、さまざまな媒体へ掲載した。

外部講師による健康セミナーを通じて販売員自らが健康と健康に資する商品についての正しい知識を習得することで、健康関連商品の提供方法や提供内容の一層の充実を図った。

売上拡大策として、メニューや食卓をイメージした生鮮・日配・加工食品等の部門横断型の売場を企画して、お客の購買意欲を高める店舗内販売促進策を強化した。

来期は、売上高869億円、営業利益10億3000万円、経常利益10億5000万円、当期利益4億5000万円の見通し。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧