メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

成田空港/3月期のリテール事業は3.1%減の788億円

2017年05月12日決算

成田国際空港が5月12日に発表した2017年3月期決算によると、リテール事業の売上高は788億円(前年同期比3.1%減)、営業利益223億円(8.7%減)となった。

「爆買い」沈静化等の影響に伴う減収を、下期における新規店舗のオープンや販売促進施策等による増収で補ってきたものの、結果として減収となり、減収減益となった。

来期のリテール事業は、売上高903億円、営業利益242億円の見込み。

国際線外国人旅客数が引き続き堅調に推移することに加え、2016年度における開業店舗(ナリタ5番街、Narita Dining Terrace)の通年化や新規店舗オープンなどにより、増収増益となる見通しだ。

<空港内免税店・物販店・飲食店売上高>
空港内免税店・物販店・飲食店売上高

なお、空港内免税店・物販店・飲食店売上高は1086億円(7.1%減)と5期ぶりに減少した。

2017年度の売上高は1253億円を見込み、民営化以降、最高を更新する見通し。

これまでの民営化以降の最高売上高は2015年度の1169億円だった。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月25日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方