メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

スギHD/3~5月、営業利益4.2%減の62億円

2018年06月29日決算

スギホールディングスが6月29日に発表した2019年2月期第1四半期の連結決算は、売上高1196億4500万円(前年同期比6.3%増)、営業利益62億5500万円(4.2%減)、経常利益66億900万円(2.7%減)、純利益43億7100万円(2.8%減)となった。

ドラッグストア業界を取り巻く経営環境も、競合他社との出店競争や業態の垣根を越えた販売競争の常態化、EC市場の拡大を始めとした消費者購買チャネルの変化、人件費・物流費の高騰、薬価改定及び調剤報酬改定の影響による処方箋単価の下落など、厳しい状況が継続した。

同社グループは、カウンセリング販売の強化、高品質で差別性のあるプライベートブランド商品の開発、調剤業務支援機器の導入による調剤部門の生産性向上、間接材の調達方法の見直しや働き方改革などによるコスト低減活動などに取り組んだ。

店舗は、23店舗の新規出店、18店舗の中・大型改装、4店舗の閉店を実施。5月末における店舗数は1124店舗(前期末比19店舗増)となった。

2019年2月期通期の連結決算は、売上高4800億円(前期比5.0%増)、営業利益255億円(3.0%増)、経常利益265億円(2.3%増)、純利益167億円(1.8%増)を見込んでいる。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月04日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方