小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ビックカメラ/9~5月は物流拠点統廃合で営業利益38.4%増

ビックカメラが7月10日に発表した2018年8月期第3四半期決算は、売上高6337億7300万円(前年同期比7.9%増)、営業利益214億9500万円(38.4%増)、経常利益231億2600万円(31.9%増)、当期利益231億2600万円(31.9%増)、当期利益142億6700万円(32.7%増)となった。

<ビックカメラ>
ビックカメラ

「より豊かな生活を提案する、進化し続けるこだわりの専門店の集合体」を目指し、グループをあげて、接客力・専門性の向上、新規事業の拡大及びアフターサービスの強化に取り組むと同時に、生産性の向上に向け、グループのシステム統合効果の創出と物流改革に取り組んだ。

インターネット通販システムの刷新を踏まえ、オムニチャネルを含むインターネット通販事業の強化に取り組んだ。物流改革は、物流拠点の統廃合を終え、現在は運営効率の最適化をすすめている。

店舗展開では、2017年9月29日に「ビックカメラ京王調布店」(東京都調布市)を開店、11月17日に「ビックカメラ船橋東武店」(千葉県船橋市)を開店した。

グループ会社では、コジマが2018年4月26日に「コジマ×ビックカメラCorowa甲子園店」(兵庫県西宮市)、5月26日に「コジマ×ビックカメラアピタ四日市店」(三重県四日市市)を開店したほか、6月15日には「コジマ×ビックカメライオンモールいわき小名浜店」(福島県いわき市)を開店した。

このほか、インターネット通販モールの「楽天市場」に出店し運営していた「ビックカメラ楽天市場店」を、2018年4月11日に、自社と楽天との共同出資会社が運営する「楽天ビック」として刷新した。

自社と日本空港ビルデングとの共同出資会社のAirBICが、4月3日と6月1日に「AirBICCAMERA中部国際空港セントレア店1号店・2号店」(愛知県常滑市)を開店し、中部国際空港において2店体制での運営を開始した。

商品別売上高は、音響映像商品1050億8500万円(前年同期比10.3%増)、家庭電化商品1865億1400万円(4.9%増)、情報通信機器商品2060億6300万円(8.6%増)、その他の商品1254億9200万円(9.3%増)、物品販売事業6231億5500万円(7.9%増)、その他の事業106億1800万円(8.0%増)だった。

通期は売上高8350億円(5.6%増)、営業利益270億円(23.5%増)、経常利益284億円(16.6%増)、当期利益164億円(21.4%増)の見通し。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

PR記事

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧