小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

コスモス薬品/2018年5月期、人件費・水道光熱費増で純利益3.2%減

コスモス薬品が7月12日に発表した2018年5月期通期の連結決算は、売上高5579億9900万円(前期比11.0%増)、営業利益227億4900万円(2.3%増)、経常利益252億5500万円(2.7%増)、純利益176億3300万円(3.2%減)となった。

<コスモス薬品店舗イメージ>
コスモス薬品

「毎日安い(エブリデイ・ロー・プライス)」政策を忠実に実行することで物流や店舗作業の平準化を行い、ローコストオペレーションの更なる推進を図り、これを原資としてディスカウント戦略を一層強化した。

売上総利益率は前年同期より低下しましたが、既存店売上高は堅調に推移。

特に、2017年12月以降、月次の既存店売上高前年比の伸長率が高くなっている。

販売費、一般管理費は、積極的な人員増強策を実施したことで売上高人件費比率が上昇した。

また、電気料金の高騰により、水道光熱費の増加率が店舗数の増加率を上回って推移した。

出店は、自社競合による一時的な収益性の低下を厭わず、次々と新規出店を行った。

同時に、新商勢圏への店舗網拡大も図った。これにより、新規出店は、中部地区に11店舗、関西地区に23店舗、中国地区に19店舗、四国地区に9店舗、九州地区に33店舗の合計95店舗となった。

また、スクラップ&ビルドにより10店舗を閉鎖し、2018年5月末の店舗数は912店舗。

2019年5月期通期の連結決算は、売上高6100億円(9.3%増)、営業利益230億円(1.1%増)、経常利益255億円(1.0%増)、純利益176億5000万円(0.1%増)を見込んでいる。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

PR記事

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧