小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

コジマ/2018年8月期、コト提案拡大で営業利益54%増

コジマが10月10日に発表した2018年8月期通期の連結決算は、売上高2463億9100万円(前期比5.9%増)、営業利益42億4800万円(54.7%増)、経常利益44億7500万円(39.2%増)、純利益34億1800万円(44.6%増)となった。

ビックカメラグループの幅広い取扱い商品を強みに、売場の拡充や専門性の向上に取り組み、モノからコト軸への提案を進めている。

また、快適・便利・楽しいをテーマにした参加型イベントの開催や、社員が直接顧客宅を訪問し困り事を解決する「コジマくらし応援便」のサービスメニュー拡充、デジタル商品を中心に買取・購入後のサポートを充実した「サービスサポートカウンター」の設置店舗の拡大を図っている。

店舗は、「コジマ×ビックカメラ イオンモールいわき小名浜店」(福島県いわき市)など4店舗を開店、「NEW成田店」(千葉県成田市)など2店舗を閉店。

また、四日市市の店舗を移転し、新たに「コジマ×ビックカメラ アピタ四日市店」(三重県四日市市)として開店し、スクラップ&ビルドを進めた8月末現在の店舗数は141店舗。

2019年8月期通期の連結決算は、売上高2600億円(5.5%増)、営業利益48億円(13.0%増)、経常利益50億円(11.7%増)、純利益37億円(8.3%増)を予想している。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧