小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

昭和産業/2016年3月期、純利益12%増

昭和産業が5月13日に発表した2016年3月期の連結決算は、売上高2478億2300万円(前期比1.1%増)、営業利益79億5100万円(11.3%増)、経常利益89億7700万円(10.7%増)、純利益59億4100万円(12.4%増)となった。

販売物量の拡大を推し進めるとともに、原材料価格等に見合った製品価格の適正化に努めた。

研究開発においては、社内各所に分散していた「研究」、「開発」、「技術」の活動拠点を一か所に集約した「RD&Eセンター」(千葉県船橋市)の建設に着手。

また、同社100%子会社であるグランソールベーカリーが運営を行う、セブン-イレブン・ジャパン向
けの「冷凍パン生地工場」の建設にも着手した。

2017年3月期通期の連結決算は、売上高2450億円、営業利益92億円、経常利益98億円、純利益71億円を見込んでいる。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧