メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

雪印メグミルク/4~9月、営業利益43%増

2016年11月10日決算

雪印メグミルクが11月10日に発表した2017年3月期第2四半期の連結決算は、売上高2993億1900万円(前年同期比3.0%増)、営業利益108億8400万円(43.4%増)、経常利益111億1700万円(52.7%増)、純利益74億円(37.1%減)となった。

乳製品事業は、油脂は市場の低迷に伴い減少したが、バターは安定供給に引続き取り組んだこと、チーズは市場が伸長する中で好調に推移したことなどから、事業全体では増収。営業利益は、チーズの販売拡大などにより増益となった。

飲料・デザート類事業は、売上高は、飲料は新たな価値を提供する商品として発売したBOTTLATTEシリーズが寄与したこと、ヨーグルトは市場の伸長に加えて、機能性表示食品制度を活用し同社保有の乳酸菌「ガセリ菌SP株」の訴求に継続して取り組んだことなどから、増収。営業利益は、機能性訴求によるヨーグルトの販売拡大と、これに伴うプロダクトミックスの改善などにより大幅な増益だった。

2017年3月期通期の連結決算は、売上高5900億円(前期比2.0%増)、営業利益185億円(32.1%増)、経常利益190億円(33.6%増)、純利益120億円(20.3%減)を見込んでいる。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月28日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方