小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

東芝/独自の電子書籍サービスを開始

東芝は4月4日、書店などとの連携を通じ、幅広い読者に電子書籍を楽しむ機会を創出する電子書籍サービス「ブックプレイスクラウドイノベーション(BookPlace Cloud Innovations)」を開始すると発表した。

サービス開始時は、コミック、文芸書などの電子書籍コンテンツを取り揃えて、今年夏には約10万冊になる見込み。

無償提供するアプリケーションをダウンロードすることで、Android搭載のタブレットやスマートフォン、iPhone、iPadなどで書籍コンテンツの閲覧ができる。

電子ペーパーを搭載した電子書籍リーダー「ブックプレイスモノ(BookPlace MONO)」と書籍コンテンツなどとのセット販売を4月16日から開始する予定だ。

「ブックプレイス」は、オンラインを通じた書籍コンテンツ購入に加えて、旭屋書店、ダイレクトショップ、戸田書店、リブロ、有隣堂の5つの書店チェーンとの提携を皮切りに、書店や各種小売店舗等との提携を進めることによって、読者が近隣の店舗で電子書籍に触れ、書籍コンテンツを購入できるしくみを構築するという。

書店チェーンとの提携では、ダイレクトショップ、戸田書店、リブロの一部店頭で、「ブックプレイスモノ」を実際に使用し、電子書籍による読書を体感できることに加え、5つの提携書店チェーンの店頭での「会員登録クーポン」の配布や行きつけの書店からの案内などにより、普段書店において紙書籍を購入する読者層に対して電子書籍購入の機会を創出する。

「ブックプレイスモノ」は約180グラムの軽量ボディに、小説にして約2500冊分の書籍コンテンツを保存することができ、一回の充電で約8000ページを閲覧できるという。

東芝の音声合成技術により、通勤時間などでもお楽しみいただけるよう、国内で販売する電子ペーパー搭載の書籍専用端末としては初めて、日本語文章の読み上げ機能を提供する予定だ。

今回の「ブックプレイス」開始に伴い、2011年4月からBookLiveとの協業により運営している「BookPlace powered by BookLive!」は「BookLive! for Toshiba」と名称変更をし、BookLive社のサービスに移行する。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧