小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

セブン‐イレブン/お手軽おつまみから「ガーリックペッパーチキン」

セブン‐イレブン・ジャパンは6月5日、お手軽おつまみ4品を発売する。

<枝豆>
枝豆

三角の形状が特長である「お手軽おつまみシリーズ」については、容器を開封せずそのまま家庭用電子レンジで温めることができる簡単・便利なおつまみ。

また、開封時には、そのまま「お皿」になる形状が特長で、お皿に移し替えずにそのまま食べられる便利な容器になっている。

<スプーンで食べる 焼きとうもろこし>
スプーンで食べる 焼きとうもろこし

現在セブン‐イレブン店舗で販売中の、直近1年間で、累計約1300万個を販売する人気商品「枝豆(瀬戸内海の塩)」とコーンのつぶつぶ感が人気の「スプーンで食べる 焼きとうもろこし」はパッケージを刷新し、商品の中身についてもリニューアルした。

「枝豆」(税込170円)は、製造工程で枝豆を蒸しあげているため、柔らかく食感が良い仕上がり。今回、使用する塩を瀬戸内海の塩から「藻塩」へ変更することにより、枝豆本来の旨みをさらに感じられるという。

「スプーンで食べる 焼きとうもろこし」(194円)は、甘さを感じるスイートコーンと「焦がし醤油」で味付けをした2種類のコーンが楽しめる一品。

今回、新たに「ガーリックペッパーチキン」(248円)「スパイシーカレーポテト」(194円)が登場。

<ガーリックペッパーチキン>
ガーリックペッパーチキン

「ガーリックペッパーチキン」は、醤油、みりん、お酒でしっかりとした味付けをした鶏肉を食べやすい大きさにカットした。

ガーリックの香りとスパイシーな胡椒の辛味がお酒とも良く合う。

<スパイシーカレーポテト>
スパイシーカレーポテト

「スパイシーカレーポテト」は、家庭用レンジで温めると、容器内の蒸気によりじゃがいもがよりふっくらとした仕上がり。

辛さの異なるカレーで味付けした2種類のじゃがいもを楽しめる仕立て。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧