小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

サントリー/「ボス」から缶コーヒーヘビーユーザー向け新商品

サントリー食品インターナショナルは9月4日、「ボス THE CANCOFFEE(ザ・カンコーヒー)」(税別115円、185g)を発売する。

<ボス ザ・カンコーヒー>
ボス ザ・カンコーヒー

「BOSS」は、1992年の発売以来、「働く人の相棒コーヒー」として、多くのお客から親しまれているロングセラーブランド。

コーヒー飲料市場において、185g缶は半分以上を占めており、コーヒー飲料における最大の市場となっている。

国内のコーヒー市場は、コンビニエンスストアのカウンターコーヒー、ペットボトルコーヒーの登場などにより多様化する一方で、185g缶市場は、あえて185g缶コーヒーを飲み続けているヘビーユーザーに支えられている。

今回発売する「ボス THE CANCOFFEE」は、そのような185g缶コーヒーを飲み続けているヘビーユーザーの方々の飲用スタイルや嗜好に合わせて開発した。

短い休憩の間に、コーヒー・ミルク・甘さのバランスのとれた味わいで疲れを癒したい185g缶コーヒーのヘビーユーザーに向けて、「たかが缶コーヒー、されど缶コーヒー」という思いで、開発された。

新たに稼動したサントリーコーヒーロースタリー海老名工場の高機能焙煎機で焼き上げた豆をはじめとする、「BOSS」のこだわりを尽くした上質な一杯が楽しめる。

コーヒー豆から抽出したコーヒーオイルを使用し、コーヒーのコクを強化している。

「香り封じ込め製法」により、香りの飛散を抑制し、より香り高い味わいに仕上げた。

また、製造工程を見直し、熱によるミルクの劣化を抑え、コーヒーとミルクのフレッシュな味わいを実現した。

パッケージは、シンプルな銀色の缶にエンボス加工を施し、缶コーヒーづくりに対する「BOSS」の揺るぎないこだわりや技術力を表現。「THE CANCOFFEE」という商品名を大きく配し、インパクトのあるデザインを採用した。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧