小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

カゴメ/自社通販サイトで地方農産物を販売する「農園応援」開始

カゴメは10月18日、自社で運営する通信販売事業の中で、新ビジネス「農園応援」を開始した。

地方に眠る特色ある果実や野菜を、カゴメが通信販売ビジネスで築いてきた仕組みを活用して、販売する。

カゴメは1998年に、通信販売事業「健康直送便」をスタート。

「お店では買えない特別なカゴメ」をコンセプトに、野菜ジュースやサプリメントなどを取り扱っており、現在では38万人の顧客、年間約88億円の売上(2015年度)を有している。

新ビジネス「農園応援」では、食において高まる「地域」・「農業」への関心をビジネスチャンスと捉えて、新たな需要と顧客を創造する。

カゴメが全国各地の生産者を訪ね、農産物を目利きし、青果や加工品を「いつ・だれが・どこで・どのように」という物語とともに、紹介する。

第一段階では、「健康直送便」を利用している既存顧客に対し、オンラインショップやメールマガジンで、同事業を案内する。

<「農園応援」で初年度に展開する商品>
「農園応援」で初年度に展開する商品

「農園応援」で初年度に展開する商品は、山形県上山市にある、果樹楽園うばふところの佐藤和愛さんの「ゴールド ラ・フランス(青果)」(2㎏、税別5500円)と北海道余市町にある、水尻農園の水尻宏明さんが栽培したトマトを搾った「北海道余市トマトジュース」(190g×18本、税別4500円)をオンラインショップで販売する。

17年度以降は、取扱い品目を拡大して、展開し、地域生産者と日本の消費者をつなぐことで、地域農業活性化に貢献していく。

■「農園応援」ブランドサイト
http://shop.kagome.co.jp/nouen/

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧