小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

富士フイルム/記憶力の維持をサポートする機能性表示食品「イチョウ葉エキス」

富士フイルムは2月10日、機能性表示食品「イチョウ葉エキス」を発売する。

<イチョウ葉エキス>
イチョウ葉エキス

同製品は、機能性関与成分として「イチョウ葉フラボノイド配糖体」と「イチョウ葉テルペンラクトン」を配合している。これらの成分には、認知機能の一部である記憶力を維持する機能があることが報告されているという。

エイジングに伴う記憶力の低下に悩む方は多く、同社が実施した調査では40代~60代の4人に1人が記憶力に悩みがあると回答している。高齢化が進む中、近年、記憶力の維持をサポートするサプリメントが注目されており、その需要は今後ますます増加し、市場が拡大すると見込まれている。

機能性表示食品「イチョウ葉エキス」は、1日の摂取目安量3粒に、機能性関与成分「イチョウ葉フラボノイド配糖体」を28.8mg、「イチョウ葉テルペンラクトン」を7.2mg配合している。

これらは、同社が国内外の文献から、認知機能の一部である記憶力を維持する効果があると総合的に判断した分量。イチョウは、数億年前から地球上に存在し、さまざまな環境変化を乗り越えてきた非常に強い生命力と繁殖力を合わせ持つ樹木であり、その葉から抽出した成分は古くから世界中で健康維持のために用いられてきた。

同製品の原料は、安全性・品質を保証するGMP認証を取得した工場で抽出された、高品質なイチョウ葉のエキス。このイチョウ葉は、イチョウ葉の栽培に最適な土地改良を施した畑で厳格な品質管理の下、種から栽培されており、また機能性関与成分の含有量が最も多くなる夏から秋の落葉前の時期に収穫されている。

内容量は90粒(約30日分)、価格が3000円(税抜)。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧