小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

メルシャン/辛口スパークリングワイン「バルセロナ 1872」

メルシャンは6月27日、スペイン王室御用達ワイナリーである「コドーニュ」から「BARCELONA(バルセロナ)1872」を発売する。

<BARCELONA(バルセロナ)1872>

「BARCELONA(バルセロナ)1872」は、消費者がスパークリングワインを飲むシーンや、その際に感じられている期待・価値などの心理を調査し、それらに対応出来るスパークリングワインとして具現化した。

コドーニュ社が本拠を置くBARCELONA(バルセロナ)の明るくオープンな雰囲気をイメージしたパッケージや、スペイン王室御用達ワイナリーによる果実味あふれる確かな味わいが、開発コンセプトである「親しい人たちと手の届く幸せな時間の扉を開けるスパークリングワイン」を表現している。

スペインの太陽の下で育まれたブドウを使用。「コドーニュ」らしいはつらつとした果実味とシャルドネ由来のシャープさのバランスに優れた味わい。瓶内二次発酵による細やかな泡立ちが楽しめる辛口スパークリングワインだという。

アルコール分11.5%。内容量は750ml、オープン価格。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧