小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

アマゾン/2018年の中小企業の流通総額9000億円を超える

EC/2019年06月21日

アマゾンジャパンは6月20日、Amazonマーケットプレイスに出品する日本の中小企業の販売事業者の2018年流通総額は9000億円を超えたと発表した。

<アマゾン>
アマゾン

Amazonマーケットプレイスに出品する日本の中小企業の販売事業者の販売状況をまとめた「2019年中小企業インパクトレポート」を発表したもの。

中小企業の販売事業者は15万社以上で、2018年に1分あたり約600個の商品を販売した。

販売事業者の拠点がある県で、アマゾンでの成長率が最も高いのは、島根県となった。

世界でみると、主に中小企業による売上で構成されている販売事業者のAmazonでの流通総額は、2018年に1600億米ドルを超え、販売事業者様による商品販売数は、Amazonで販売されている商品の半数以上を占めた。

2018年、Amazonで100万米ドルの売上を達成している中小企業数は20%増加したという。

Amazonは、世界中の販売事業者がビジネスを拡大できるように、テクノロジーやツールにグローバルで投資を続けてきた。

グローバルにおける、多くの中小企業を含む販売事業者がAmazonで商品を販売した流通総額の割合は、過去20年間で3%から58%に増加したという。

2019年に経済産業省が発表した中小企業白書によると、中小企業が日本の企業全体の90%以上を占めており、日本の経済成長において重要な役割を担っている。

しかし、経済協力開発機構(OECD)によると、日本の中小企業の生産性は、他のOECD加盟国の平均よりも10%低く、大企業の生産性を100とした場合の45%に過ぎない。

生産性を改善することは、日本の中小企業の成長につながる大きな可能性があるという。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧