メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

アマゾン/ホリデーシーズンに向け配送体制を大幅強化

2021年11月25日EC

関連キーワード:

アマゾンは11月25日、ホリデーシーズンに向けて、物流拠点であるフルフィルメントセンター(以下FC)、受け取りロッカーなど配送体制を大幅に強化したと発表した。

日本における物流ネットワークの拡充を行っており、2021年9月には東京都青梅市に、10月には千葉県流山市に、それぞれ新たなFCを開設した。

これにより、保管容量は前年比10%増加し、フルフィルメント by Amazon(FBA)を利用している中小規模の販売事業者が利用可能なスペースも増加した。現在、国内の約20カ所のFCでは、約40万m2以上の保管スペースを確保している。

新しいFCには、Amazon Robotics(AR)をはじめとした、高度な技術と自動化が導入されており、顧客の要望にスピーディーに対応できるという。

また、東京、千葉、埼玉に5つの配送拠点であるデリバリーステーションを新設し、配送ネットワークを強化している。これにより、同社の配送拠点は全国で約30カ所となる。

デリバリーサービスパートナープログラム(DSP)によるデリバリーパートナーのネットワークを構築している。DSPは、比較的人口の少ない宮崎県、大分県などさまざまな地域で地元の配送業者が、ラストワンマイルの配送サービスに参加している。

さらに、商品を受け取れるAmazonロッカーを合計1800カ所に拡充。マンションのオーナーまたは管理会社の承認の上で、配送ドライバーにより、専用の配送アプリでマンションのオートロックを解除できる仕組みKey for Businessは、サービスエリアを10都道府県の800以上の集合住宅に拡大した。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通ニュースから

流通業界カレンダー

今日は2021年12月08日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方