小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

東京都/「テイクアウト・宅配・移動販売」開始で100万円支援

行政/2020年04月22日

東京都は4月22日、新型コロナウイルス感染症緊急対策として、都内で飲食店を営む中小事業者が、新たなサービスとして「テイクアウト」「宅配」「移動販売」を始める場合、100万円を限度に、業態転換を支援すると発表した。

<業態転換支援の概要>
業態転換支援の概要
出典:東京都中小企業振興公社ホームページ

新型コロナウイルス感染症の流行に伴う都民の外出自粛要請等に伴い、大きく売り上げが落ち込んでいる都内中小飲食事業者が、新たなサービスにより売り上げを確保する取組に対し、経費の一部を助成するもの。

助成対象は、個人事業主を含む東京都内で飲食業を営む中小企業者で、助成限度額は100万円。

販売促進費(印刷物制作費、PR映像制作費、広告掲載費等)、車両費(宅配用バイクリース料、台車等)、器具備品費(WiFi導入費、タブレット端末、梱包・包装資材等)、その他(宅配代行サービスに係る初期登録料、月額使用料、配送手数料等)が助成対象経費。助成率は、助成対象経費の5分の4以内となっている。

助成対象期間は、交付決定日から2021年1月末まで。ただし、着手日から最長3カ月間。

第1回の受付期間は、4月23日~5月18日で消印有効。以降、順次受付を行い、最終受付は11月25日を予定する。

申請は、東京都中小企業振興公社ホームページから募集要項、申請書をダウンロードの上、申請書及び添付書類を記録が残る簡易書留等の方法により公社宛に送付する。

業態転換支援(新型コロナウイルス感染症緊急対策)事業

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧