メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

アクセンチュア/NTTコミュニケーションズとAIを活用した新サービス

アクセンチュアは10月24日、NTTコミュニケーションズ(NTTCom)が10月31日に提供を開始する、人工知能サービスCommunication Engine 「COTOHA」(COTOHA)の国内展開において、NTTComと協業したと発表した。

協業においてアクセンチュアは、海外において先行する豊富な人工知能ソリューションの導入実績を踏まえて、特に企業のコンタクトセンターや店頭における問い合わせ対応業務などの領域において、国内のお客に向けたCOTOHAの提案活動を強化するとともに、導入と運用にいたるまで、首尾一貫したサービスを提供する。

COTOHAは、自然な会話によるコミュニケーションを通して、人間の意図を理解し、最適な解を提示することを可能とするバーチャルエージェント。

NTTメディアインテリジェンス研究所による最新の日本語処理技術と、IPsoft社が持つ世界先端の人工知能プラットフォームであるアメリアが組み合わされている。

COTOHAを用いることで、多種多様な業務の自動化や、意思決定の支援が可能になり、ビジネスに圧倒的なスピードと正確性をもたらすという。

アクセンチュアでは2016年に、IPsoft社と共同で「Accenture Amelia Practice」を設立している。今回締結したNTTComとの協業は、国内におけるさらなるIPsoft社の技術を活用したソリューションの導入を加速させるものとなる。

アクセンチュアが行った最新調査によると、業務プロセスに人工知能を組み込み、効率化を図ることによって、2035年の日本のGDPをその3倍以上にまで押し上げ、新たにおよそ2.1兆ドルもの付加価値を生み出す効果があると予測されているという。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年08月06日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方