メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

大創産業/販促キャンペーンのデジタル化でデジクルのLINEミニアプリ導入

2022年03月14日IT・システム

関連キーワード:

小売りや飲食業のDX(デジタルトランスフォーメーション)支援事業を手掛けるデジクル(東京都渋谷区)は3月14日、100円ショップ「ダイソー」を展開する大創産業に、LINEミニアプリの企画・開発・運営支援サービス「デジクル for LINEミニアプリ」の提供を開始したと発表した。

<デジクルが「ダイソー」の販促キャンペーンのデジタル化を支援>

LINEミニアプリは、ライフスタイルのニーズに応えるサービスをLINE上で提供するウェブアプリケーション。アプリを活用することで、企業はユーザーに快適なサービス体験を無償提供できると共に、オフラインとオンラインを横断したユーザーデータの取得が可能になる。

デジクルでは今回、「ダイソー」のデジタルを活用した店頭販促活動の加速を目的に、ダイソー公式のLINEミニアプリを開発。第一弾として、「だんぜん!ダイソーdeだんぜんワクワク シールキャンペーン」を、LINEミニアプリ上で3月14日から開始した。対象は、南関東エリアの560店舗で、順次全国へ拡大する。

<シールキャンペーンの参加方法>

LINEミニアプリを使ったシールキャンペーンでは、店頭POPか指定URLから、LINEミニアプリを起動、ダイソーPOSと連携して、会計時にバーコードを読み取ればデジタルシールを獲得できる。必要シール枚数をためると、LINEミニアプリ上で景品を選択し、レジで購入が可能になる。LINEの利用者であれば、新たなアプリなどのダウンロードは不要。有人レジ、セルフレジで利用できる。

シールキャンペーンのミニアプリは、非接触・非対面でのデジタルシール配布が可能なほか、集計業務の圧縮デジタル化によるスタッフの業務負担軽減、キャンペーン参加者とのデジタル接点構築、キャンペーン参加状況のデータ化に基づく分析・施策実行体制の構築が特長という。

大創産業は、ダイソーで、これまではシールキャンペーンを、紙や対面接客でのアナログ運用を中心に行ってきた。今後、LINEミニアプリ上でも展開することで、レジでのシール手渡し作業が不要となり、セルフレジでのキャンペーン参加も可能になるとしている。

また、デジクルのサービスを活用することで、顧客の利便性向上、キャンペーン参加者の増加、レジでの混雑解消と同時に、紙からデジタルへの移行による印刷量の抑制で、サステナブル(持続可能)な販促施策を実現していくという。

■2022春夏 だんぜん!ダイソーdeだんぜんワクワク シールキャンペーン
期間:3月14日~
場所:全国のダイソー、THREEPPY、CouCou・PlusHeart(一部店舗除く)
※LINEミニアプリの導入は南関東(東京、千葉、神奈川)の店舗のみ

■「ダイソー」公式LINEミニアプリ登録
https://liff.line.me/1656571771-Lqp63kpK?utm_campaign=daiso&utm_source=digiclue&utm_medium=news&utm_content=release

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年07月05日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方