流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





土壌汚染地を低コストで再生/物流・商業施設への転換、CO2削減事例公開

2021年09月03日 14:20 / 販促

シーアールイーはこのほど、物流課題の解決、物流戦略の実現のサポート事例を紹介する「物流インフラプラットフォーム」Newsの第11弾を公開した。

<土壌汚染地を再生し物流用地などに転換する事例など紹介>
土壌汚染地を再生し物流用地などに転換

今回は、土壌汚染地に新たな価値を創造する提供する土地再生投資とシーアールイーの革新的「再生」ソリューションの取り組みを解説。土壌汚染地を低コストで浄化・再生し、物流・商業施設に転換し、CO2削減にも貢献する事例を説明している。

工場跡地などが候補になった場合、土壌汚染が問題になり、浄化コストが過多になる恐れがある。低コストで汚染地を再生できる可能性、ロジスクエア白井(千葉県)の事例などを紹介している。

■ダイジェスト版動画はこちら

■記事詳細はこちら
https://www.logi-square.com/sh/5a3080077a45

関連記事

関連カテゴリー

販促 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧