メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

大丸東京店/初の衣食住一体の編集売場「Lib Tokyo」

大丸松坂屋百貨店は3月3日、大丸東京店に新しい編集売場「Lib Tokyo(リブトーキョー)」をオープンする。

<リブトーキョー>

リブトーキョーは大丸初の衣食住一体のコンセプト型セレクトゾーンで、物販、カフェ、書籍が一体となった売場を形成する。目標年商は4億5000万円。

<メイン通路>

売場面積は約430m2で、葉山の人気セレクトショップのオーナー高須勇人氏が店舗を監修した。アパレル、観葉植物、化粧品、バッグ、帽子、書籍とカフェを展開する。

ターゲット層は40代のアラフォー感度の女性で、商品の目利き力がある人とした。

<主力のアパレル売場>

コンセプトは「life is beautiful 都会の中で海辺のような風を」とした。始発駅でも終着駅でもある東京駅に直結する大丸東京店の中に、時間が少しだけゆっくりと流れる場所を目指したという。

<帽子コーナー>

<植物も販売>

次>> 葉山のセレクトショップ「SUNSHINE+CLOUD」の要素を取り入れ

次へ> 1 2 3

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年11月29日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方