流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





ベイシア/栃木県大田原市に新業態「Foods Park」1号店オープン

2022年11月18日 17:01 / 店舗レポート

ベイシアは11月23日、栃木県大田原市の「旧ベイシア大田原店」を建て替えし、新フォーマットとなる「Foods Park」1号店「ベイシアフーズパーク大田原店」としてオープンする。18日、プレオープンを実施した。

<ベイシアフーズパーク大田原店>
ベイシアフーズパーク大田原店

コロナ禍を経験した現在、食品スーパーに求める顧客のニーズは大きく様変わりした。新業態により、新鮮さとおいしさのほか、買い物しやすく分かりやすい店内を通して、買い物自体を楽しんでもらう「食のテーマパーク」を体現し、現代の顧客の食に対する多様なニーズに対応する。

<青果コーナー>
青果コーナー

2020年9月に実施した消費者調査で、顧客はベイシアに「新鮮さ」を期待していることが分かった。この結果をもとに、部署横断的に改善プロジェクトを発足させ、生鮮食品の仕入方法の見直し、最新のテクノロジーを駆使した配送方法の採用など、社を挙げてさまざまな鮮度改善を推進した。今回、改良・改善した新スキームを大田原店に結集した。

<メイン通路>
メイン通路

ベイシアは、創業以来「For the Customers(すべてはお客様のために)」の理念のもと、「より良いものをより安く」をモットーとしている。「食品のプロとして、最良の品を最良の状態で届けることにこだわり、また食品を通して得られる体験を楽しんでもらいたい」。そんな想いを「Foods Park」に込めたという。

<ご当地野菜コーナー>
ご当地野菜コーナー

店舗では、「採れたて」「切りたて」「できたて」「揚げたて」など鮮度にこだわった商品を展開する。栃木県内の地場農家の「下野野菜」を販売する。そのほか、フルーツコーナーでは、鮮度感のあるカットパイン、旬のフルーツを使用したフルーツパフェを販売する。フルーツパフェの第一弾は、苺パフェとなる。

<カットパイン>
カットパイン

鮮魚コーナーでは、豊洲市場など全国の市場から直送で丸魚を品揃えする。要望に合わせて下処理を無料で対応する。朝、入荷した丸魚は、時間の経過によって適宜調理し、形をかえて、おいしさを維持して提供する。調理して提供することで、フードロス削減にも貢献する。

<鮮魚コーナー>
鮮魚コーナー

精肉コーナーでは、大田原店から始める取り組みとして、オリジナルブランド牛「ベイシアとろ牛」を開始した。プロの目利きが厳選した肉質4等級の牛を一頭買いすることで、赤身から霜降り肉まで、高品質で鮮度の高いさまざまな部位の肉を販売する。

<精肉コーナー>
精肉コーナー

惣菜コーナーでは、ベイシア史上最大規模のフライ売場を導入した。幅約7m×2段に30種類のフライを展開する。

また、かつて人気だったカレーバイキングを約5年ぶりに復活させた。さらに、約5年ぶりにギガ盛り焼きそば、ギガ盛りナポリタンを復活販売する。

<フライバイキング>
フライバイキング

お弁当で使うご飯は、山形県産「はえぬき」を店内で精米して炊飯する。炊飯直前に精米することで、ふっくら、みずみずしいご飯を提供する。

<お弁当コーナー>
お弁当コーナー

また、新たにベーカリーでは、バリエーション豊富な焼き立てクロワッサンを導入した。クロワッサンは、本場フランスから仕入れた生地を、毎日店内で焼き上げる。

<クロワッサンコーナー>
クロワッサンコーナー

オープン記念イベントとして11月23日~27日、毎日、小学生以下の子どもと一緒に買い物した先着200人限定で、ベイシアグループのロゴ入り缶バッジをガチャガチャで進呈する。缶バッジは、ベイシア、いせや、ワークマン、カインズ、セーブオンなどベイシアグループ各社の全10種類となっている。

<缶バッジのガチャガチャ>
缶バッジのガチャガチャ

ベイシアでは現在、展開中のスーパーセンターなどに加え、今後「Foods Park」を展開し、次世代の食品スーパーのスタイルを確立したいという。

■ベイシアフーズパーク大田原店
所在地:栃木県大田原市住吉町1-14-12
TEL:0287-23-5100
営業時間:10時~20時
定休日:1月1日
従業員数:正社員10人、パート・アルバイト60.5人(8時間換算)
駐車台数:250台
敷地面積:1万4642m2
店舗面積:3307m2

■ベイシアの関連記事
ベイシア/千葉・佐倉店でネットスーパー開始

関連記事

関連カテゴリー

店舗レポート 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧