小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

松屋/1月の売上高9.0%増

松屋(2015年2月期売上高:816億円)が発表した1月売上速報によると、銀座店と浅草店の合計売上高は前年同月比9.0%増となった。

銀座店では初商の招福袋を全館で約3万6000袋、約700種類を販売。

「ロマネ・コンティ6本セット福袋」972万円が開店20分で完売、「ブランジェ浅野屋(パン)福袋」は約2700個販売するなど、全部門にわたり活況だった。

クリアランスセールによる売上確保と並行して、梅春物などのプロパー商品が2ケタの伸長となった。婦人部門は先月に引き続き、前年より気温が高かった影響もあり、コート・ストールなどの防寒雑貨が不調だったがニットやワンピースが好調に推移した。

紳士部門は、コート含むアウターの動きがやや鈍かったものの、マフラー・手袋などの雑貨の動きは堅調だった。

免税対象売上は、インターナショナルブランドや化粧品が引き続き売上をけん引した。銀座店は、10か月連続で前年を上回ることができた。

浅草店は、主力の惣菜が好調も、生鮮三品・和洋菓子・婦人服が今一歩で売上高は前年を下回る結果となった。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧