小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

J.フロントリテイリング/6月の連結売上は6.2%減

J.フロントリテイリング(2016年2月期売上高:1兆1635億円)が発表した6月の連結売上は前年同月比6.2%減となった。

セグメント別では、百貨店事業は6.8%減、パルコ事業は0.1%増、卸売事業は28.1%減、クレジット事業は4.0%増、その他事業は1.2%増だった。

百貨店事業は、化粧品が好調に売上を伸ばしたほか、名古屋店のメンズ売場改装効果も寄与したものの、心斎橋店本館建替えによる面積減のマイナス影響が大きく、また盛夏もの婦人ファッションの動きが鈍かった。

パルコ事業は、衣料品の動きが鈍かったことや、前年に好調であった集客型イベントの反動減などが影響した一方、8月から一時休業する渋谷パルコのセールが好調に推移したことや、総合空間事業のパルコスペースシステムズの外部受注が増加した。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧