メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

日本百貨店協会/6月売上19.1%減、セール・EC健闘し国内市場改善

2020年07月21日月次

日本百貨店協会が7月21日に発表した6月の全国百貨店売上高概況によると、全国の百貨店(調査対象73社・203店)の売上総額は約3829億円(前年同月比19.1%減)で、9カ月連続マイナスとなった。

6月の売上高は依然厳しい動向ではあるが、減少幅は前月(65.6%減)から大きく(46.5ポイント)改善し、業績持ち直しの局面に転換してきた。

新型コロナウイルスによる外出自粛ムードは残るものの、全店が全館営業を再開したことから、入店客数も徐々に上向いている。

購買動向の特徴としては、食料品、生用品など生活必需品の好調さに加えて、ラグジュアリーブランド、宝飾品など一部高額商材にも動きが見られた。

地区別では、地方(10都市以外の地区)が11.3%減、大都市(10都市)が22.0%減と、引き続き地方より大都市店舗の苦戦が目立つが、その差(10.7%)は前月(12.2%)より縮小した。

顧客別では、国内市場は14.6%減(9カ月連続/シェア99.3%)と前月より48.6ポイント改善した。一方、インバウンドは入国制限の継続で90.5%減(26.8億円/5カ月連続/シェア0.7%)と、厳しい状況に大きな変化は見られない。

商品別では、「イエナカ需要」の高まりを背景に、精肉、鮮魚などの生鮮食品、食器・キッチン関連、寝具などのリビング用品が健闘した。パラソル、サンダルなどの季節商材、ブライダル需要のジュエリー、学校再開により子供服も動いた。

中元は、店頭の減少をECの大幅な伸びがカバーし堅調に推移している。クリアランスは、開始時期の前倒し、分散開催・長期化、ECの拡大展開など、一連のコロナ対策が顧客ニーズに適合し、衣料品を含むファッション商材中心に動きが見られた。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年08月03日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方