メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

日本チェーンストア協会/7月は外出自粛・テレワークで食品好調

2020年08月21日月次

日本チェーンストア協会が発表した7月のチェーンストア販売概況(会員企業56社、1万823店)によると、総販売額は1兆806億円(店舗調整後前年同月比2.6%増)となった。

部門別の販売額では、食料品7306億円(4.5%増)、衣料品652億円(13.4%減)、住関品2217億円(5.1%増)、サービス26億円(5.3%減)、その他603億円(6.7%減)。

7月度は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による外出自粛、テレワークなどによる内食化需要が増加し食料品は好調だった。衣料品は外出自粛の影響もあり苦戦したが、住関品は巣ごもり需要もあり好調だったことから、総販売額の前年同月比(店舗調整後)はプラスとなった。

農産品は、玉ねぎ、レタス、キャベツ、じゃがいも、人参、トマト、きゅうり、なす、ブロッコリー、カット野菜など好調だったが、枝豆、とうもろこしなどの動きは鈍かった。果物では、さくらんぼ、すいか、りんご、梨、桃、メロン、バナナ、カットフルーツなどの動きは良かった。

畜産品は、牛肉、豚肉、鶏肉ともに好調だった。鶏卵、ハム・ソーセージの動きも良かった。水産品は、刺身盛り合わせ、まぐろ、たい、たこ、サーモン、かじき、塩鮭、うなぎ、魚卵、冷凍魚、ししゃも、干物などは好調だったものの、かつお、丸物、海藻類などの動きは鈍かった。

惣菜は、温惣菜の動きは鈍かった。要冷惣菜は、洋総菜はまずまずの動きだったが、和惣菜の動きは悪かった。弁当、寿司の動きはまずまずだった。

その他食品は、乳製品、ヨーグルト、乳酸菌飲料、冷凍食品、パスタ類、麺類、インスタント麺、練物、水物、漬物、佃煮、小麦粉、製菓材料、ホットケーキミックス、ジャム、調味料、珍味・菓子類、酒類などは好調だったが、米、飲料、アイスクリーム、生菓子、パンなどの動きは悪かった。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年09月23日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方