メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

プロネクサス×TIS/開示実務担当者が検討すべき非財務情報開示業務を無料紹介

2021年11月29日セミナー

関連キーワード:

TISとプロネクサスは12月15日・16日、「開示実務担当者が検討すべき非財務情報開示業務とは?」をオンライン開催する。

<実際の市場の動き、事業者が現在抱えてい悩みを解説>
20211129tis 728x410 - プロネクサス×TIS/開示実務担当者が検討すべき非財務情報開示業務を無料紹介

国際的にESGやSDGsなど非財務情報の重要性が高まり、日本国内でも動きが加速している。しかし、ESGの分野では欧州が先行しており日本はまだまだ普及途中だ。

2021年6月11日に発表された改訂コーポレートガバナンス・コードではプライム市場上場企業においては、気候変動への開示も対応するよう明示されており、多くの企業が非財務情報の開示に取り組み始めている。

しかし、なぜ開示をする必要があるのか、なぜ非財務情報の開示が必要なのか。また、非財務情報は定性情報が多く、開示基準もないため、何から手を付けるべきかわからないといった話もよく聞く。

今回のセミナーでは企業のディスクロージャー・IR実務を専門にコンサルタントとして活動しているプロネクサス 執行役員 ソリューション事業部 IRコンサルティング部長の薄井太氏を招き、実際の市場の動き、事業者が現在抱えてい悩みに対してどう対応していくべきなのかなどを対談形式で紹介する。

2日間に渡ってウェビナーを実施。ウェビナーに申し込むと事前にホワイトペーパー「【急務!ESG投資】継続的な企業価値を高めるため今、金融機関、事業会社が取り組むべき課題と解決方法とは?」を進呈する。

■開催概要
開催日:2021年12月15日(水)、16日(木)※講演はほぼ同じ内容
開催時間:13:00~14:00 ※両日共通
共催:プロネクサス、TIS 
会場:Zoom開催形式
参加費:無料
申込締切:2021年12月14日(火)17時まで
※競合企業や同業他社の方は参加をご遠慮いただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

詳細・申込はこちら

■登壇者
プロネクサス
執行役員
ソリューション事業部
IRコンサルティング部長
薄井 太氏

TIS
ペイメントサービスユニット
フィナンシャルサービス部長
小林 秀史氏

■問い合わせ先
TIS DXビジネスユニット
DX営業企画ユニット DXマーケティング部
E-mail:marke_mb@pj.tis.co.jp

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年01月18日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方