メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

顧客視点のBEAMS物流戦略/RFID活用、EC物流内製化の挑戦6月30日無料開催

2022年06月14日セミナー

関連キーワード:

シーアールイーは6月30日、第82回CREフォーラム「BEAMS RFID SOLUTION~お客様視点のBEAMS物流戦略~」をオンライン開催する。

<RFID活用、EC物流内製化の挑戦を紹介>
RFID活用、EC物流内製化の挑戦を紹介

BEAMSは、1976年に約21m2の小さな洋服店「AMERICAN LIFE SHOP BEAMS」からスタートし、セレクトショップの先駆けとして成長したアパレル小売りの企業。国内外約160店舗を展開し、売り上げ800億円を超えた現在も、自社物流にこだわり続けている。

その理由は、物流部門が顧客視点の物流を実践することで、顧客満足につながり、さらには売り上げにつながると考えているからだという。

今回のCREフォーラムは、ビームスホールディングス竹川誠氏が、BEAMS物流の特長と2011年から取り組んだRFIDソリューション、独自の視点で顧客満足につなげるEC物流の全貌を解説する。

BEAMS物流の特長、RFID導入によって得られた効果、自社オンラインストア物流内製化への挑戦、物流だからできる顧客体験の向上などを紹介する。

■開催概要
開催日時:2022年6月30日(木)16:00~17:00
会場:オンライン受講(Zoom) 
参加対象者:荷主・物流企業
参加費:無料
定員:100人
申し込み期限:2022年06月29日(水)18:00

■詳細・申し込みはこちら
https://www.logi-square.com/sh/2f6966c9dde9

■プログラム
15:45~16:00 視聴者入室受付
16:00~16:10 CREよりあいさつ・会社説明
16:10~16:50 ビームスホールディングス 竹川 氏講演
16:50~17:00 質疑応答 

■講師
ビームスホールディングス ロジスティクス本部 本部長
竹川 誠(たけかわ まこと)氏
1997年ビームスへ入社。2002年社内WMS構築、2004年物流改革プロジェクトに参画。2010年基幹システム刷新プロジェクトのプロジェクトリーダーを経て、2012年よりRFIDプロジェクトマネジャーとして、RFIDの全店舗展開を完結。2016年には、自社オンラインEC物流の内製化を推進し、在庫一元管理を実現。2020年、コロナなどのリスク分散を目的に、BCP関西物流センターを開設。現職にて次世代物流センターを構想中。

■問い合わせ先
シーアールイー マーケティングチーム
担当:立原(タチハラ)
Mail:leasing_mail@cre-jpn.com
TEL:03-5570-8048

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年07月01日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方