小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

パルコ/案内ロボット、都内店舗で実証実験

パルコが、東京都立産業技術研究センター(都産技研)が実施する「平成28年度公募型共同研究開発事業」に採択された。

<多機能ロボット>
多機能ロボット

パルコは、08ワークス(代表申請者)と日本ユニシスとの共同体により、ショッピングセンターでの案内に特化したロボットの開発・実証を行う。

共同開発するロボットは、2017年秋にPARCO(都内店舗を選定中)に設置し、来店客とテナント従業員向けにサービスを提供する。

<PARCOで実施したロボット接客の様子>
PARCOで実施したロボット接客の様子

お客向けには、テナント情報(どこに何のショップがあるか)や各種施設情報(トイレやエレベーターの場所、営業時間情報など)を対話形式でマルチリンガルに提供する。

自律走行機能を使い、指定のテナント・施設への移動案内を行う。国内のみでなく世界中から来訪するお客の買い物における困り事をロボットが多言語で接客して解決することを目指す。

テナント従業員向けには、RFIDと自律走行型ロボットを活用した商品棚卸の自動化により、ショップでの棚卸業務のサポートを行う。

ショッピングセンターに入居するテナント従業員にとって、定期的に発生する商品の棚卸業務は、大きな作業負荷となっている。

RFIDタグと自律走行型ロボットを活用することにより、棚卸の自動化の実現を行い、テナント従業員の業務負荷軽減を目指す。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧