小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ららぽーと沼津/2019年秋開業、店舗面積6万4000m2に220店

三井不動産は2019年秋、静岡県沼津市に静岡県東部エリア初進出となるリージョナル型ショッピングセンター「(仮称)三井ショッピングパークららぽーと沼津」をオープンする。

<(仮称)三井ショッピングパークららぽーと沼津>
(仮称)三井ショッピングパークららぽーと沼津

計画地は、南側には国道1号、北側は拡幅整備された都市計画道路「金岡浮島線」にそれぞれ面しており、優れた交通網を有している。

至近には東名高速道路「愛鷹スマートIC」、新東名高速道路「駿河湾沼津スマートIC」があり、広域アクセスにも優れた立地となっている。

<店舗面積約6万4000m2に220店>
店舗面積約6万4000m2に220店

同施設は、2017年3月31日の都市計画変更により市街化編入された土地(約30ha)の中核に立地し、施設計画に合わせて、周辺道路の拡幅整備や当敷地内に3か所、合計約5000m2の緑地広場と交通広場などの整備を行う。

延床面積約16万5000m2、店舗面積約6万4000m2の4階建てで、店舗数は約220店、駐車場台数は約3500台を予定している。

ファッション、雑貨、飲食、エンターテインメント施設など、話題性の高い店舗を揃え、ファミリー層はもちろんのこと、シニア・ヤング層まで幅広い世代が楽しめる商業施設を計画している。

東京都西南部と神奈川県を中心に店舗を構えるスーパーマーケットの「sanwa」が静岡県に初出店。

日々の生活を「より豊かに・より楽しく」するために、鮮度・品揃えにこだわり、地域住民に喜ばれるお店を目指す。

沼津港で「港八十三番地」や「沼津港深海水族館」を運営する「佐政水産」がららぽーとに初出店。
海外のマルシェのようなお洒落で活気のある空間で、新鮮な地元食材を提供。買物だけでなく食事も楽しめる。

また、全国に15館を運営している「シネマサンシャイン」がららぽーとに初出店。

最新鋭の映像・音響システムを導入する10スクリーン、約1800席のシネマコンプレックスとなっている。

さらに、ボウリングやアミューズメントなどをはじめとする、新たな遊びの情報発信基地となるエンターテインメント空間を提供する「コロナワールド」が静岡県に初出店する。

■「(仮称)三井ショッピングパークららぽーと沼津」計画概要
所在地:静岡県沼津市東椎路字東荒301-3 他
敷地面積:約11万9816m2
構造規模:店舗棟 鉄骨造地上4階建(1~3階:店舗、4階:屋上駐車場)
立体駐車場棟:鉄骨造地上5階建3棟
延床面積:約16万5000m2※立体駐車場棟含む
店舗面積:約6万4000m2
店舗数:約220店舗
駐車台数:約3500台

<周辺地図>
周辺地図

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧